名刺発注をする前に準備しておくと便利な物

名刺は、自分の名前や会社名、会社の事業内容などを新しい取引先の人にしっかりと記憶してもらうための重要なビジネスアイテムです。しかし、ありきたりの名刺なら、せっかく新しく会った人に名刺を渡しても、全く記憶に残りません。取引先に会ったその日のうちに、氏名や会社名など忘れられてしまうのでは、名刺を渡した意味がありません。しかし、他に仕事がたくさんある中、名刺の作成や発注にあまり時間や手間をかけたくない方も多いことでしょう。特に少人数の会社を経営していたり、個人事業を自分1人で行っていたりする方の場合は、1人で何役もこなさないといけない立場で、名刺発注も自分で行う必要がある機会も多いと思います。できるだけ簡単に発注できると労力の削減につながります。

インターネットを利用した名刺発注

名刺の作成や補充を簡単に行うための1つの方法として、インターネットを利用して印刷業者に発注する方法があります。このような発注を行うためには、まず、自社で発注専用のwebサイトを開設している業者に依頼することが前提となります。インターネットを利用した発注の手順としては、サイトにアクセスして、印刷用の名刺データの入稿と印刷条件の設定を行います。印刷条件の設定とは、印刷用紙の種類の選択や印刷部数の設定などです。これらの作業を全てサイトから行い、発注ボタンをクリックするだけで発注完了です。インターネットでの発注は作業が簡単な上、印刷コストが安いのも魅力です。さらに、発注してから名刺が手元に届くまでの期間も大変短いです。発注した次の日に印刷が終わって名刺が発送される場合もあります。

発注を行う前に名刺データを準備しておくと便利

インターネットでの名刺発注では、名刺データを業者のサイトからアップロードする必要があります。この名刺データはサイトに用意されたテンプレートを用いて簡単に作ることができます。たいていの業者ではさまざまな種類のテンプレートが準備されていますので、その中から好きなものを選んで、そこにテキストデータを挿入すれば名刺データの完成です。ただし、自分だけ、あるいは、自社だけのオリジナルの名刺を作りたいなら、事前に名刺データを作成しておくのが好ましいです。例えば、オリジナルの会社ロゴや自分の顔写真を使用したオリジナル名刺は、画像編集ソフトなどを駆使すれば比較的簡単に作成できます。また、それほど難しいデザインでなければ、wordやexcelなどの汎用ソフトの図形編集機能を使って作成することもできます。